お坊さん

元気なうちに終活|自分の葬儀や遺品整理を選ぶ

故人の家の片付けに最適

ダンボール

分別作業も不要

母親が一人で神戸の実家で生活をしており、その子は東京で世帯を持っているといったように、ある程度歳を取った両親などと離れた場所で生活をしているケースは少なくないでしょう。そういったケースで母親が亡くなった際に取り掛かる必要がある作業、それが遺品整理です。遺品整理とは、故人が生前生活していた家や部屋を片付ける作業であり、親族などの関係者で形見分けを行なった後には、不用品は全て処分してしまうのが一般的になっています。一切合切を全て処分するという作業が必要となるため、本来は不用品の分別作業や神戸のゴミの日を守ってゴミ出しをするだけでも膨大な時間が掛かってしまう作業でもあります。しかし、遺品整理のサポートを行なってくれる業者のサービスを利用することで、そういった手間を大幅に省くことが可能となります。これは専用の回収車を用意してくれるためであり、神戸のゴミの日などを気にすることなく、一切合切を全て一度に回収してもらえるためです。神戸などの都市部では、利用できる業者の数自体も多いため、積極的に活用してみるといいでしょう。

必要なものは事前に仕分け

遺品整理のサポートを依頼するにあたっては、専用の回収車のほかにも作業員を派遣してもらうことができます。そのため、極論を言えば一切作業に加わることなく、全てを処分してもらう事も可能になっています。しかし、そのように作業に関わらないことを決めた際には、事前にしっかりと関係者一同を集めて形見分け作業を行なうなど、必要なものだけはしっかりと確保しておかなければいけない点には注意しておくといいでしょう。これは明らかに現金や価値があるものがでてきたなどといった場合を除いて、文字通り全て処分されてしまうためであり、後に思い入れがあったものを処分されてしまったなどとクレームを入れても、それが返ってくる保証はないためです。