花

元気なうちに終活|自分の葬儀や遺品整理を選ぶ

一段落ついたら遺品の整理

老夫婦

遺品の量が多すぎたり、遠方で時間が取れなかったり、思い出に浸ってしまって遺品が片づけられなかったりと、最近は遺品整理業者に依頼して遺品の整理を行う人が宝塚でも多くなってきています。大切な遺品だけ遺族で行い、小さいものは業者に依頼する人が多くなっています。

詳しくはこちら

故人の家の片付けに最適

ダンボール

神戸で離れて生活をしていた親などが故人になった際、その実家を片付ける作業などを遺品整理と呼びます。故人が生前生活をしていた空間を丸ごと処分する必要が生じる作業でもあるため、遺品整理のサポートをしてくれる業者のサービスを利用するなどして、手間や時間を省くのがオススメの作業でもあります。

詳しくはこちら

実家の遺品をどうしますか

出棺

実家の遺品を整理する必要がある場合には、遺品整理業者に相談することをおすすめします。神戸にも複数の業者が営業しており、多くの方が相談されています。遺品整理は非常に重労働となるため、業者に相談することで負担を大きく減らせます。まずは見積書を提出してもらい、信頼できるかを確認しましょう。

詳しくはこちら

老後や死後の備え

数珠

家族への負担を軽くする

自身の老後や死後の身辺の片づけなどを元気なうちから考えておこうという人たちが増えています。いざ自分の身体が思い通りにいかなくなったり、認知症を患って思考機能が正常に働かなくなってしまったときに、自分はどうしてほしいのかを事前に伝えたいという思いによるものです。老後の介護や葬儀のすべてをかつては遺族が行なうのが一般的でした。しかし最近では、自ら施設に入ることを望んだり家族葬を希望するなどの傾向が生野区ではみられます。家族に迷惑がかからないようにといった考えが多いことがわかります。事前に家族に伝えておくことで、実際に介護が必要になったり葬儀をしなければならないときに親族内でのトラブルを防ぐことができます。

施設や業者をリサーチする

具体的には介護が必要になった場合に入居したい施設のリサーチや、施設利用料の準備があげられます。家族への負担を減らすためには、施設に入るためのお金も必要になります。さらに、自身の葬儀や死後の遺品整理の依頼が生前から可能な業者もたくさんあります。生野区にはたくさんの介護施設や遺品整理業者があるため、希望に合うところを一つ一つ探していては時間がかかってしまいます。そんな時は、インターネットを上手に使うことがポイントです。ネットで探すと、様々な遺品整理サービスを行なっている業者を探すことができます。場所に限らず介護施設の場合でも、一度訪れてみることで実際にどのような感じなのかを知ることが大切です。遺品整理業者や葬儀社は口コミが参考になります。